2017-08-17




岩手・東北を中心とした発達特性の情報Twitter
 発達マイノリティネットいわて



---


8月のみ、更新する日が不規則な為、更新日カレンダーをつくりました。
(更新日であってもさまざまな事情により、メールの返信が遅れる場合があります。あらかじめご了承願います。)







「発達マイノリティネットいわて」へようこそ!





 新しくなった、発達症スペクトラム(発達障害)の当事者・家族・支援者の情報サイトへようこそ!2017年で設立5周年を迎えます。

岩手県内の病院・相談場所・発達特性向け学習塾などを掲載していますが、1番自分や自分の家族のことをよく知っている人(つまり1番の支援者)は医者や専門家,支援者ではなく、自分です。専門家は、たくさんのお子さんや当事者,親御さんの相談を伺った観点からアドバイスを行いますが、それでも今のあなたやあなたのお子さんに合ったアドバイスとは限りません。人生の主役は、医者や支援者ではなく、『あなた』です。なので専門家や医者と考え方が異なる場合は自分で選択をしても大丈夫です。2017年からは、病院や相談機関の情報だけでなく色々な情報を掲載していきます。


 ★ 各団体,企業,医療機関,福祉事業所,教育機関,行政機関等との関係は一切ない、こどもや当事者,家族,医療従事職,支援者の口コミで成り立っているサイトです。


現在、鋭意リニューアル作業中です。従って一部矛盾が生じる部分がありますが、100ページ以上にわたる一覧ページを少ない人数で少しずつ考えながら情報を更新していますので、すべてのページの更新が終わるまで最短でも3ヵ月くらい時間がかかっているのが現状です。今後このサイトはトップページに書かれている方針で行っていきます。どうぞよろしくお願いします。





イベント・セミナーのアイコンの見方 .

例:あなたが 大人当事者 の場合。


 各イベント・セミナー記事には上記のようなアイコンが表記されています。
例1のイベントの場合は、大人当事者のアイコンがありますので、このイベントには、大人の当事者は参加できます。各イベントやセミナーでは、他では手に入らない情報や貴重な体験ができるものがあります。興味があるものには積極的に参加してみましょう。
 次は他のイベント・セミナーを見てみましょう。



 例2のイベントには、大人当事者のアイコンがありません。このイベント・セミナーは大人の当事者は参加対象ではないので、参加できません。こんな感じでイベント・セミナーの掲載記事を見つけたら、自分が参加対象かどうか見ていきましょう。
(対象アイコンにお子さんとついているものは、こどもを連れての参加OKのものです!)













対象: お子さん 中高生 大人当事者 家族 医療従事 支援者 カサンドラ

子育てや自己理解に役立てたい保護者&当事者/心理職ではないけどwisc-IVを見て教育や支援に役立てたい教育従事&放デイ職員&支援従事者にお薦めセミナー ..

最寄駅  中目黒駅(東京メトロ日比谷線/東急東横線)

心理職や特別支援学校教諭、発達特性専門相談員を対象とした勉強会では岩手県内でもこの手のセミナーは時々行われていますが、それ以外の特に保護者や当事者も参加できる勉強会ではこの手の勉強会は滅多に行われない為掲載しました。行ける方は貴重な機会ですのでぜひこの機会をお見逃しなく!








.2018年度版! 中学卒業後の進学情報 .

知的にしょうがいがあるけど、将来は自立して働く大人になりたい!】


 将来、働いて自立できる大人になる為の、作業勉強・福祉就労先実習(状態が悪くなくてかつ学校側が認めれば一般企業実習も)を行える学校です。







知的しょうがいはない or 軽度知的しょうがいだけど、不登校ぎみ学校でもすぐ暴れたり泣いたりしてお友達とのコミュニケーションが難しいけど、、、高校卒業の資格はせめて取りたい】



 精神疾患不登校特性が強い発達特性がある子でも受け入れ実績のある高校です。定期的な相談や学習支援など学校独自の支援や高校によっては1人1人の特性に応じた個別の支援も行っている為、普通高校が不安な子でも通えるようにフォローを行っています。
現在、普通高校に在籍しているけど勉強や学校で適応できなくて困ってきた生徒 や 以前高校に在籍していたけど退学した生徒転入・編入に関する相談も行っています。







【知的にしょうがいはない(または軽度知的しょうがい)だけどなんとか中学校でやっていけてる方】
⇒ 自分の将来の夢に近づけそうな高校でまずは1度挑戦してみる事を強く薦めます。(高校入学後、問題が起こった場合は、またその時考えていきましょう)
※ 普通高校に関する情報はこのサイトには掲載していません。中学校の担任教師(支援級在籍の場合は、支援級の担任教師)にご相談ください。
※※ 適切な支援を受ける為には、その子の段階に合っていることが大切です。本来であればもう支援がなくても十分やっていけるのに必要以上の支援を受ける事で自立から遠ざかってしまい、却って状態が不安定になったり本来できていたことができなくなるリスクもあります。





≪ 小中学校の進路情報について知りたい! ≫
いくつか選択肢があります。【岩手】発達障害/不登校 病院・団体(→ページを移動する)の『発達特性があるこども*主な進路先』項目をご覧ください。
小学校の見学については最寄りの教育委員会中学校の見学については在籍の小学校担任教師(支援学校小学部含む)へご相談ください)









.梅雨・夏シーズンにぴったりな身体のゆるめ方/心身の養生のコツ.
 6月~9月上旬にかけては天気が変わりやすく、梅雨、真夏の太陽、台風と気候や気圧の変化に弱い発達特性のこどもや大人にとってはまさに『鬼門』といえる季節です。具体的にどういう所につまづきやすく、どういったことに気を付けた方がいいか理解した上で対策を立て、その上で楽しみながら養生できるサイトや本を紹介します!

(科学的な根拠のあるなし問わず、西洋医学・東洋医学・あらゆる療法問わず効果は個人差があります同じ発達特性でも、ADHD治療薬を服用して多動が減る人がいれば、逆にADHD治療薬を服用して副作用で生活に支障が出たり、思ったように効果が出ない場合があります。試しに読んでみて、使ってみたいと思った場合のみ、購入を検討されることをお薦めします。)


【からだ指導室あんじんの愉しい体育て ブログ記事】

梅雨から夏にかけてのコンディショニング講座(→ブログへ移動)

足・脚を踏む(→ブログへ移動)

 「からだ指導室あんじん」とは神奈川県小田原にある体操教室兼しょうがい児の発達支援教室で、発達特性がある子を含め、しょうがい児の発達援助&発達支援を行っています。


バッチフラワーレメディとは? ― バッチフラワーレメディについてわかりやすく解説(→外部サイトへ移動する)













\ 祝・5周年!支援につながる時代から、支援を卒業する人が増える為のサイトへ /

2017年10月サイトをリニューアルします!

 最初の頃は全く無名の本サイトでしたが、この5年間で1ヵ月5000~7000のサイトアクセス数(平均)を誇るサイトへ成長しました。初期の頃は全く無名でしたが今では当事者ご家族支援者教育関係者保育士・幼稚園の先生医療従事者小児科医・精神科医教育,福祉,介護,心理,医療,子育てについて学んでいる学生と連日たくさんの方が利用しております。本当にありがとうございます。

 2017年10月で、サイト開設5周年を迎えるにあたり、サイトをリニューアルします。

 今までは、『発達特性の病院・支援団体』の一覧を主に掲載して参りましたが、2017年10月からは、それに加え、過敏を軽減するグッズ(ノイズキャンセリングイヤホン、イヤーマフなど)感覚過敏やパニック,フラッシュバックで困る事をなくしお金があまりかからなくてお家でもできる発達援助アプローチなど、発達を促進させ、こどもも大人もやりたいことができる心身に育て人生の選択肢を増やせる為の方法を掲載するページを新たに作ります。今までは一覧ページの更新が主体でしたが、今後は過敏を軽減する為のグッズ&発達援助アプローチの一覧に力を入れていきます。もちろん一覧ページの更新とTwitterでの県内外イベント情報は今後も続けていきます。
 やりたいことができる心と身体の状態になることで、支援の枠や福祉の枠以外の選択肢をつくれるお子さん&当事者が増えていき、このサイトに頼らなくても生活できるこどもと大人が増えること-これが本編集部の願いです。今後ともよろしくお願いします。














読めば読むほど生きやすくなるヒントを見つけられる、子育てのヒントになる、理解が広がる

発達特性の本 .


≪ 入門書 ≫


≪ 発達特性なんとかする ≫
~発達特性や精神疾患があっても学校や社会で生活できる大人になる為に家庭で今すぐできる事が書いている実践本~






※※ 「マイノリティネットいわて」のページと関連があるのは、今閲覧している発達マイノリティネット( Blogger ) と旧サイト( freeweb )のみです。
岩手県には専門機関・支援団体・親の会・当事者会など、発達症スペクトラム(旧名称:発達しょうがい)関係団体でサイトブログTwitterを行っている所がいくつかありますが各団体・機構との関係は全くありません。
岩手県内の、発達特性ネットワーク・他の関係団体さんが当サイトを運営していると間違われることがありますが、特定の団体が本サイトの運営には関わっていません


発達障害の薬物療法を考える(著:嶋田 和子 / フィギュール彩)





今回はこのブログを見ている方からメッセージをいただきました。

「発達障害の薬物療法を考える」という本に岩手在住の方の体験談が掲載されたとメッセージをいただきました。

(どの体験談が岩手の方か、につきましては、メッセージをお送りした方が事情により非公表を希望しておりましたので、紹介は控えさせていただきます。体験談を掲載した方の事例が、お子さん当事者ご家族の方かにつきましても非公表とさせていただきます。)

浦河べてるの家:べてるの新刊「べてるな人びと 第5集」 発売中!






浦河べてるの家 さんより本の出版のお知らせです。

--

こんにちは。べてるの伊藤知之です。